|
ファイナンシャルサロン

生命保険の見直し相談、保険選びの悩みを解決!生命保険見直し相談.com

生命保険見直し相談.com
お問い合わせサイトマップ
ファイナンシャルプランナーがあなたの家の保険を徹底診断!生命保険見直し相談の申し込みはこちらです。

生命保険見直し相談.com年代別保険見直し0〜20歳の保険見直し

保険の見直しテク

0〜20歳の保険見直し - 死亡よりもケガや入院に備える

 未成年の間は死亡リスクも低く、経済的損失も少ないことから死亡保障は必要ないという考え方もあります。
 一方で病気やけがのリスクは高いため、医療保険を検討する必要はあります。生命保険ではなく、損害保険である傷害保険を活用した方が良いケースもあります。
 また、お子さまには国や市町村からの補助金などもありますので、ご自身のお住まいの地域にどんな補助金があるのかも調べておく必要があります。

 わからないときは情報収集のためにも、保険のプロであるファイナンシャルプランナーに相談することも大切です。

『生命保険見直し相談』のお申し込みはこちら


過度な死亡保障を付けない

 ■死亡保障は不要な場合が多いです!

死亡保障

 未成年のうちは一般的に、死亡リスクが少ないですし、自分の収入で誰かを養っているケースもほとんど無いでしょうから、死亡保障は不要だと思われます。


 

入院をメインにする

 ■ケガや病気のリスクは高め。傷害保険も活用して!

医療保障

 死亡リスクよりも病気、ケガのリスクが高い年代です。場合によっては生命保険ではなく、傷害保険で検討してみたほうが得策なケースも多いようです。


 

一生のお宝保険になる可能性も

 ■何があるかわからないから、若いうちからの準備は大切!

医療保障

 もし万が一、小児喘息などの治りにくい病気になってしまったら、一生医療保険に入れなくなる可能性もあります。
 一生涯保障が続く医療保険に、最低限の日額5,000円程度加入しておくと安心かもしれません。


市町村制度とのバランス

 ■市町村ごとにさまざまな制度があります!

公的保障

 市町村によっては、医療費の優遇、補助金、一時金などが得られるため、保険による保障が少なくて済む場合もあります。市町村の窓口に確認してみましょう。


 

年代別の必要保障額(死亡保障)の出し方テクニック

【取り扱い保険会社】(順不同)
ソニー生命 アメリカンファミリー生命 メットライフ生命 アクサ生命 オリックス生命 エヌエヌ生命 マスミューチュアル生命 東京海上日動あんしん生命 ジブラルタ生命 日本生命 損保ジャパン日本興亜ひまわり生命 三井住友海上あいおい生命 明治安田生命 ピーシーエー生命 エクセルエイド少額短期 あいおいニッセイ同和損保 東京海上日動 損保ジャパン日本興亜 三井住友海上 AIU保険 AIG富士生命 日立キャピタル損保 セコム損保 エース損保 ソニー損保 ペッツベスト小額短期保険 プリベント少額短期保険

ページTOPへ

【保険募集代理店】株式会社ファイナンシャルサロン
本社:名古屋市中村区竹橋町1-13 Tel:052-453-0025
東京 銀座 大阪 福岡 沖縄

ファイナンシャルサロン