|
ファイナンシャルサロン

生命保険の見直し相談、保険選びの悩みを解決!生命保険見直し相談.com

生命保険見直し相談.com
お問い合わせサイトマップ
ファイナンシャルプランナーがあなたの家の保険を徹底診断!生命保険見直し相談の申し込みはこちらです。

生命保険見直し相談.comライフイベント別保険見直し住宅購入の前後に見直す保険は?

保険の見直しテク

住宅購入の前後に見直す保険は?

住宅購入の前後に見直す保険は? - 家計全体を見直す

 マイホームの購入は、人生の中でも一番の買い物になると思います。頭金や諸費用などある程度の資金をためておく必要があります。
 また住宅ローンを組む際も、固定金利にするのか、変動金利にするのか、どこの銀行・信金で借りるのがいいのかなど、調べないといけないこともたくさんあります。
 保険だけでなく、家計全体をトータルに見て、必要がなくなる死亡保障などを見直すことが必要です。

『生命保険見直し相談』のお申し込みはこちら


住宅資金の積み立て方法は?

 ■無理なく無駄なく貯めるクセを。強制力も必要です!

住宅資金

 住宅購入に必要な頭金を貯めるという行為は、その後の返済を楽にし、利息負担を減らすだけでなく、計画的に貯金をする習慣を身に付けることにつながります。最近は頭金がゼロ円という物件もありますが、その後の返済が大変になることも考慮しなければなりません。
 限られた収入の中から、きちんと毎月貯金ができる人でなければ、その後の安定した返済は難しいのではないでしょうか。給与天引きや口座引き落としなど、ある程度強制的に貯金ができる仕組みを取り入れましょう。
 住宅取得までの期間に一定の余裕があれば、資産形成性のある保険の活用も有効な手段です。その他の資金計画(教育資金や老後資金)と合わせて、家計をトータルに見た資金計画が必要です。


団体信用生命保険で必要保障額の見直しを

 ■住宅ローンにも保険が。保障額を下げられます!

死亡保障

 団体信用生命保険とは、住宅ローンを組んでいる方に万が一のことがあった場合に、未返済分をゼロにしてくれる保険のことです。住宅ローンを組む際に、ほとんどの方が加入をすることになります。
 今まで賃貸暮らしをしていた方が、この保険に加入したなら、必要保障額が大きく下がる場合があります。また、共働きで返済しようとされているなら、団体信用生命保険に加入していない方の死亡保障を厚くしておくことも必要です。


住宅ローンの選び方にも注意が必要です

 ■住宅ローンも金融機関によってさまざまなんです!

住宅資金

 住宅ローンも銀行や信金などによって商品はさまざまです。優遇金利などで金利も変わってきますし、最近は三大疾病特約など、特徴のある住宅ローン商品で差別化を行っています。固定金利にするのか、変動金利にするのかも、今後のライフプランによって最適なものが異なってきます。
 事務手数料や繰り上げ返済の手数料なども各金融機関でさまざまなので、なるべく多くの金融機関を見比べる必要があります。
 住宅を購入する際にかかる諸経費(頭金、印紙、登記、引っ越し、税金など)も、もう一度しっかりと洗い出しをしておきましょう。

 お金のプロであるファイナンシャルプランナーは、保険のことだけでなく住宅ローンの知識も持っています。公平中立な立場でのアドバイスができるファイナンシャルプランナーにご相談ください。


『生命保険見直し相談』のお申し込みはこちら

【取り扱い保険会社】(順不同)
ソニー生命 アメリカンファミリー生命 メットライフ生命 アクサ生命 オリックス生命 エヌエヌ生命 マスミューチュアル生命 東京海上日動あんしん生命 ジブラルタ生命 日本生命 損保ジャパン日本興亜ひまわり生命 三井住友海上あいおい生命 明治安田生命 ピーシーエー生命 エクセルエイド少額短期 あいおいニッセイ同和損保 東京海上日動 損保ジャパン日本興亜 三井住友海上 AIU保険 AIG富士生命 日立キャピタル損保 セコム損保 エース損保 ソニー損保 ペッツベスト小額短期保険 プリベント少額短期保険

ページTOPへ

【保険募集代理店】株式会社ファイナンシャルサロン
本社:名古屋市中村区竹橋町1-13 Tel:052-453-0025
東京 銀座 大阪 福岡 沖縄

ファイナンシャルサロン