|
ファイナンシャルサロン

生命保険の見直し相談、保険選びの悩みを解決!生命保険見直し相談.com

生命保険見直し相談.com
お問い合わせサイトマップ
ファイナンシャルプランナーがあなたの家の保険を徹底診断!生命保険見直し相談の申し込みはこちらです。

生命保険見直し相談.comライフイベント別保険見直し教育資金のために見直す保険は?

保険の見直しテク

教育資金のために見直す保険は?

教育資金のために見直す保険は? - リスクを極力避ける!

 教育資金は、必ず準備しなければいけない資金です。一生涯で一番高い買い物はマイホームと言われますが、お子さまにかかる教育資金も住宅購入と同じくらいお金のかかるものです。
 特に一番お金のかかる大学の学費は下表のような現状となっています。

※資料:文部科学省『平成16年度国立大学の授業料その他の費用に関する省令』より
区分 授業料の年額 入学料 検定料
学部(昼間部) 520,800円 282,000円 17,000円
学部(夜間部) 260,400円 141,000円 10,000円
大学院の研究科 520,800円 282,000円 30,000円
法科大学院 804,000円 282,000円 30,000円

※資料:文部科学省『平成16年度私立大学入学者に係る初年度学生納付金等調査結果』より
区分 授業料の年額 入学料 検定料
文科系学部 707,740円 263,089円 173,487円
理科系学部 981,571円 282,278円 216,601円
医歯科系学部 2,998,250円 891,249円 1,168,751円
その他の学部 891,595円 302,581円 251,069円

 教育資金は必要資金です。お子さまひとりに対しての教育費の平均額は約2,400万円と言われています(小学校から大学まですべて私立の場合)。この教育資金を貯めていない場合、教育ローンなどを利用せざるを得なくなり、今後の家計を圧迫する要因となってしまいます。将来の学費に備えるためには、早い段階からの積み立てが必要だと言えます。その際の一般的な積立方法は「学資保険」です。


保険がベストなのか?貯金がベストなのか?

 ■学資保険は、元本割れの商品もありますが…

教育資金

 学資保険は、低金利時代の影響を大きく受けてほとんどの保険会社で総受取額が積立総額(総支払保険料)を下回る、いわゆる元本割れ状態となっています。加入者の多い簡保の学資保険も例外ではありません。
 「だったらリスクを負ってもリターンを求めたい!」と、外貨預金や投資信託を学資保険の代わりにする方も最近は増えてきています。


 ■保険のメリットをもう一度考えましょう!

教育資金

 必ず確保しなればならない教育資金を、外貨預金や投資信託のような投資リスクのある商品で用意していて良いのでしょうか。
 よく「貯金は三角、保険は四角」と言われます。貯金は積み立ての途中に万が一のことがあったら、積み立て分しか受け取れません。保険は、加入したら死亡保障が嫌でもついてきますので、死亡保険金を受け取ることができます。その保障こそが生命保険の最大のメリットですし、実は元本割れをしない保険商品もあります。本当に必要な資金ならなるべくリスクのないもので用意することをおすすめします。


『生命保険見直し相談』のお申し込みはこちら

【取り扱い保険会社】(順不同)
ソニー生命 アメリカンファミリー生命 メットライフ生命 アクサ生命 オリックス生命 エヌエヌ生命 マスミューチュアル生命 東京海上日動あんしん生命 ジブラルタ生命 日本生命 損保ジャパン日本興亜ひまわり生命 三井住友海上あいおい生命 明治安田生命 ピーシーエー生命 エクセルエイド少額短期 あいおいニッセイ同和損保 東京海上日動 損保ジャパン日本興亜 三井住友海上 AIU保険 AIG富士生命 日立キャピタル損保 セコム損保 エース損保 ソニー損保 ペッツベスト小額短期保険 プリベント少額短期保険

ページTOPへ

【保険募集代理店】株式会社ファイナンシャルサロン
本社:名古屋市中村区竹橋町1-13 Tel:052-453-0025
東京 銀座 大阪 福岡 沖縄

ファイナンシャルサロン